【塚本晋也監督、功労賞受賞のお知らせ】

【塚本晋也監督、功労賞受賞のお知らせ】

 塚本晋也監督がカナダで開催される第43回モントリオール・ヌーヴォー映画祭(10月8日〜19日)で功労賞にあたる「ルーヴル・ドヌール」を受賞することになりました。
 世界から先駆的な作品を集めて1971年にスタートした同映画祭では、これまで、ヴィム・ヴェンダース監督(ドイツ)、ジョージ・A・ロメオ監督(同)、ジョン・ブアマン監督(英国)、アブデラティフ・ケシシュ監督(チュニジア)らに同賞が授与されてきました。
 今年は塚本監督のほか、『レッド・バイオリン』(98)のフランソワ・ジラール監督(カナダ)とドキュメンタリー『チョムスキーとメディア マニュファクチャリング・コンセント』(92)のピーター・ウィントニック監督(カナダ)の計3人に贈られます。
 塚本監督は、2012年にイタリアのレッジョ・エミリアアジア映画祭でも功労賞を受賞しており、2度目の名誉となります。
 受賞セレモニーは、映画『野火』上映前の現地時間10月11日(土)21時30分〜
(場所:The Alumni Auditorium, room H-110 of Concordia University’s Hall Building)
 塚本監督も現地に向かいます。
 
 また下記日程でも映画『野火』が上映されます。
 10月12日(日)13時15分 Cinéma du Parc 3

 モントリオールの皆様、お会い出来るのを楽しみにしています。

Director Shinya Tsukamoto will be received the Louvre d’honneur (lifetime achievement award) from Festival du Nouveau Cinema at Montreal in Canada.
The ceremony will held on Saturday, October 11 at 9:30 p.m. before ゛screening FIRES ON THE PLAINE゛ at the Alumni Auditorium, room H-110 of Concordia University’s Hall Building.

Thank you so much Montreal!!

(From N)
http://www.nouveaucinema.ca/#/nouvelles#nouvelle-1730

第15回東京フィルメックスオープニング作品に決定しました。

 この度、映画『野火』が第15回東京フィルメックス(11月22日〜30日、有楽町・朝日ホール、TOHOシネマズ日劇にて開催)のオープニング作品に選ばれました。この上映がジャパン・プレミアとなります。
 アジアの精鋭監督の新作を集めた同映画祭ではこれまで、カンヌ国際映画祭60回記念短編オムニバス『それぞれのシネマ』、アビチャッポン・ウィーラセタクン監督『ブンミおじさんの森』、キム・ギドク監督『アリラン』、ジャ・ジャンクー監督『罪の手ざわり』など、世界の映画祭を賑わせた話題作がオープニングを飾って来ました。塚本監督作品は、これまでも「六月の蛇」「葉桜と魔笛」「KOTOKO」が上映されていますが、オープニングは初めて。

 以下、塚本晋也監督のコメントです。

「ついに日本のプレミアが決定。
何度かここで日本プレミアをさせていただいています。
大事に作品選びをする映画祭なので、選ばれるだけでも光栄なのに、
今回はましてやオープニング。身が引き締まる思いです!」

 チケットは11月3日(月)より発売。詳細は東京フィルメックスのHPなどでご確認下さい。http://www.filmex.net/

◎Facebook: http://www.facebook.com/tokyofilmex
◎twitter: https://twitter.com/tokyofilmex

第19回釜山国際映画祭(10月2日〜11日)に招待されました。

 9月2日22時15分(現地時間)、
第71回ベネチア国際映画祭で『野火』のワールドプレミアが行われる記念すべき日に、韓国からも嬉しいニュースが届きました。

 ベネチア、トロントに続き、第19回釜山国際映画祭(10月2日〜11日)に招待されました。部門は、アジア各国の新鋭と、最新の話題作を集めた「A Window on Asian Cinema(アジア映画の窓)」部門です。
 塚本作品は、1996年の第1回大会に『東京フィスト』(95)が選出されたのを皮切りに、『BULLET BALLET/バレット・バレエ』(98)、『双生児』(99)、『悪夢探偵』(06)、『悪夢探偵2』(08)、『鉄男 THE BULLET MAN』(09)、『Kotoko』(11)、そして『野火』と、実に8度目の参加。
 また『双生児』は、観客が選ぶPSB賞を受賞しております。

 釜山でのアジアン・プレミア上映にご期待下さい。

                     

トロント国際映画祭に出品決定

塚本晋也監督最新作「野火」、8月28日から開催されるベネチア国際映画祭コンペティション部門の出品が決まっているが、8月13日、同作品のトロ ント映画祭への出品も決まった。トロント映画祭は、カナダ最大の都市トロントで、毎年9月に開催される北米最大の映画祭。ベルリン国際映画祭、カンヌ国際 映画祭に次ぐ規模の来場者数を集める。塚本監督のほとんどの作品が上映されているが、今回はWAVELENGTHS部門での上映となる。

この部門のキャチフレーズは、<大胆で、映像的で、自立した考え方(独自の考察)によって、我々の映画に対する概念を広げてくれる作品>。塚本監督はベネチア映画祭の足で同映画祭に向かう。

2014 TIFF announces Wavelengths, Future Projections selections