ミニシアターの魅力を伝える動画by塚本晋也 「街の小さな映画館」企画始動!

塚本晋也監督によるミニシアターの魅力を伝える動画「街の小さな映画館」企画が始動します!2015年に公開した『野火』で全国80館以上の劇場を行脚し、個性あふれるミニシアターの魅力に触れた塚本監督が、お世話になっている映画館に1館ずつ足を運び、その横顔を撮影した動画をYouTubeに順次アップしていきます!


毎年終戦記念日を中心に今夏7年目のアンコール上映を迎える塚本晋也監督の『野火』は戦後70年にあたる2015年に初公開された。多くのボランティアスタッフとともに完全自主製作により完成した『野火』は、この年塚本監督自身が代表をつとめる海獣シアターの自主配給により全国のスクリーンにかかることとなった。そして「塚本晋也、皆さんに会いに行きます!プロジェクト」と銘打ち、時には夜行バスやフェリーでの移動、カプセルホテルへの宿泊をしながら全国津々浦々の劇場を行脚するキャンペーンを行った。

その中で個性あふれるミニシアターの魅力に触れた塚本晋也監督が、お世話になっている映画館を1館ずつ訪れ、ミニシアターの魅力を伝える動画を撮影する「街の小さな映画館」企画がこのたび始動する。

撮影された動画はYouTubeチャンネルにて順次アップされる予定。


【塚本監督からのコメント】

未曾有の事態の中格闘していらっしゃるミニシアター。
その魅力をもっと多くの人に知っていただきたい-。

戦後70年の年、『野火』の映画とともに全国のミニシアターを回り、1館1館ひとつとして同じところはなく、館主さんの個性を反映したユニークな映画館がたくさんあることを実感しました。

日本各地の文化の多様性を担うミニシアターですが、コロナの状況の中、厳しい戦いを強いられています。

あらためてミニシアターへのエールを送らせていただきたいと思い、この動画制作を考えました。

どんどん作りたいと、はやる気持ちもあるのですが、まずは、毎年「野火」を上映してくださる映画館で、ご協力いただけるところだけでも1館1館、感謝をこめて作ってゆけたらと思います。ぜひご覧くださいませ。

やがて、「野火」という映画をさらに広げていく上で、あらたに上映してくださる映画館も撮っていくことができたら、と思っています。

塚本晋也


「街の小さな映画館」YouTubeチャンネル

「街の小さな映画館」第1回 渋谷・ユーロスペース

7月17日(土)塚本晋也監督登壇!PFF×早稲田大学講義 「マスターズ・オブ・シネマ」オフィシャルレポート

7月17日(土)に行われたぴあフィルムフェスティバル(PFF)と早稲田大学の講義「マスターズ・オブ・シネマ」とのコラボレーション企画に、『電柱小僧の冒険』で「PFFアワード1988」グランプリを獲得し、7年目をむかえる毎夏の『野火』アンコール上映が控える塚本晋也監督とPFFディレクターの荒木啓子氏が登壇しました。学生のみなさんは事前に『電柱小僧の冒険』『野火』と『野火』のメイキングを鑑賞の上講義に参加し、質疑応答では、作品について、映画製作について、戦争を表現することについて、多くの手が挙がり、90分間をこえて熱く語り合う有意義な時間となりました。


塚本晋也監督登壇 PFF×早稲田大学「マスターズ・オブ・シネマ」概要
■日時:7月17日(土) ■場所:早稲田大学
ゲスト:塚本晋也監督、荒木啓子氏(PFFディレクター)
聞き手:土田環氏(早稲田大学 基幹理工学部 表現工学科)


映画・映像の世界で活躍するゲストを迎え、学生からの質疑を交えて、制作にまつわるさまざまな事柄を語る早稲田大学の講義「マスターズ・オブ・シネマ」。年に一度のぴあフィルムフェスティバル(PFF)とのコラボレーション企画に『電柱小僧の冒険』で「PFFアワード1988」グランプリを獲得し、毎夏の『野火』のアンコール上映を控える塚本晋也監督とPFFディレクターの荒木啓子氏が登壇した。受講の学生は事前に『野火』と『野火』のメイキングである「塚本晋也解説『野火』20年の軌跡」を鑑賞し講義に臨んだが、それより以前に『野火』の鑑賞経験があったのはアンケートに回答いただいた120名のうち15名で、9割近くの学生が初めて『野火』を体験したこととなる。

1977年に始まり自主製作映画の紹介を続けていたぴあフィルムフェスティバルは1988年よりコンペティションで賞を出すようになり、最初のグランプリ受賞者が塚本監督。のちに映画祭に参加した荒木氏はいろいろな作品を観る中で受賞作『電柱小僧の冒険』を観たときの衝撃を「とんでもない人がいるな。自主映画ってここまで真剣にやる人たちがいるんだ、という感動に打ち震えました。そのときから私のヒーローのひとり。」と語り、その後交流を重ねる中での本人の印象を「とにかく映画にかける情熱、何かをつくることにかける情熱や集中力が並外れた方。ずっと尊敬しています。石井岳龍監督と塚本さんのふたりが“自主映画ってすごい”と導いてくれる心のメンターみたいな存在。」と述べた。また「『電柱小僧の冒険』は8ミリフィルムでつくった作品ですが、特撮で、自分の力でできるあらゆることをすべてつぎこんでいる、どうしても見てほしい作品。それが今回の(課題作)『野火』まで綿々と続いている。『野火』を終戦記念日に絶対上映し続けなければいけないという決意に感動しているし、この映画自体が命がけだったという体験を聞いたことが忘れられなくて。」と今回塚本監督の登壇を企画提案した理由を語った。

登壇にあたって『野火』について学生と話したいと提案した塚本監督はその理由を問われ「毎年8月の終戦記念日のあたりに『野火』という映画を映画館で上映しているんです。戦後70年、今から6年前に最初に上映してから毎年全国で30館くらいの劇場の方が手を挙げてくださってます。僕自身がこの映画をいろんな思いでつくった訳なのですが、お客さまと一緒に映画を観てお話をしたりしながら、逆に教えてもらうような感じで自分の中で意見を固めていったりするところもあるので、もし今日も教えてくださることとか質問に答えながらまた何か発見することがあったら幸いです。」と答えた。

土田氏は「学生のみなさんは塚本監督にまず最初に俳優として出会ってることが多いのではないか」と推察し、「監督として映画を演出されることと役者として映画に出演されることと全然違うと思うのですが、自分の映画で自作自演されるときというのはどういう頭のすみ分け方をされてるんですか?」と質問。塚本監督は「8ミリ映画をつくっていたので撮影したり出演したりたいがいのことは自分たちでやっている。最初のきっかけはそこ。お芝居に関してはすごく恥ずかしがり屋だった子供時代に学芸会で演じたあと空が真っ青に見えてうれしい気持ちが溢れてきたんです。映画つくりとお芝居とはそれぞれ同じように大事なものでずっとありました。自分の映画に出るときは説明しなくてもわかっているので便利ということもあれば好きでやってることでもあります。ただほかの監督さんの作品に出してもらうときは監督目線で行くことは絶対にないです。あくまでもひとつのコマとなって、好きな監督の映画のつくりかたを見られたり、その世界の住人になれる喜びを味わいに行くような感じです」と答えた。

重ねて「体験した感覚」という『野火』に関しては「自分が出ることは当初まったく考えておらず、いつか潤沢な予算が入るようになったら著名な俳優さんに出ていただき撮ろうと思っていた。ただ先延ばしにしているうちに、時期を外してしまうような、映画そのものが腐り落ちてしまうような危機感を感じて、今つくらなければとなったときお金が全くなかった。本当に頓智みたいなことをいろいろ考えて、ひとりカメラを持ってフィリピンに行き自撮りで撮ろうというところから始めた。この映画に関しては監督とか出演とか脚本ではなく、『野火』という大岡昇平さんの素晴らしい小説をとにかく全霊でかたちにする、そのことにすべての力を注ぐ、芝居をするのもそのひとつ、という感覚でした。」と答えた。

またラストシーンや〈野火〉の解釈、主人公が〈猿の肉〉を口にするかどうかなど、「市川崑版の『野火』(59)との違いを意識したか」については「大岡昇平さんの原作をなるべく厳密に尊重しながら映画的表現に置き換えるという基本の向き合う姿勢は同じだと思いますが、ひとつひとつの描き方はかなり違ってくる。それはそのときの倫理観、映画的解釈、時代の違いでもあると思う」と述べた。

続いて荒木氏より「戦争映画というとぱっと何を思い浮かべるか?」との質問には『地獄の黙示録』と『プラトーン』を挙げ、「ヴェトナム戦争を描いた当時の映画は相当影響を受けた。本当に自分が戦争に行って戦争を体験しているような感覚が刷り込みとしてあり、やっぱりこの2作に戦争というものがきれいごとや大義名分じゃないという真実味を感じました。」と答えた。荒木氏は塚本監督が戦争映画をつくったことについて「結構びっくりするぐらいの出来事だったと思う。(戦争映画は)出資者が見つからないし企画がまず通らない。深作欣二さんや岡本喜八さんくらいの戦争を知ってる世代が最後な気がします」と振り返り、戦争映画を撮ることの困難さが改めて浮き彫りになった。


【質疑応答】(※一部採録・再構成・敬称略)

Q:戦争に対して訴えかけることを意識されてるのかなと思いました。「映画の力」「映画の意義」という言葉に関してご意見お聞かせください。

塚本:物語の中にテーマ性はあっても、論理的に脚本の構造的に結論に導くようにつくるのはちょっと違うかなという気がします。映画というのは観ていただいてお客様に感じていただくものなので、自分の考えに誘導するようなかたちがはっきりあらわれたものだと昔からプロパガンダと言われますが、芸術というよりコマーシャルのようなメッセージになってしまいます。あくまでも自分の考えを押し付けるのではなく、いろいろな風に考えられるようなものとして提供しないといけないのかなとは思います。『野火』は大岡昇平さんの素晴らしい小説が原作なのでいつ描いても普遍的なテーマであると思い、つくることにそんなに焦っていなかったのですが、実はつくったときにはものすごく焦りがありました。戦争に兵隊さんとして行かれた方、肉体の痛みを知る方がいらっしゃらなくなると世の中どうなってしまうのだろうという危機感があり、なるべくその痛みをリアルなかたちで残すことが必要と思いました。これはそのときの社会の動きが強く影響しているのかなと思います。あとはみなさんどう感じますか?ということです。

Q:エンタメとアートはわけられるものではないとは思いますが、映画には娯楽性の方が重要視されているのでしょうか?

塚本:『野火』 という映画は娯楽性が欠けていて「よかった」とか「感動した」とかのカタルシスのない映画なわけです。ただ自分は戦争というものはカタルシスで描くべきじゃないと思ったので、そういう意味で娯楽性を入れることができなかったということなんです。ただ『野火』と離れたテーマで言うと、娯楽性と社会性というか僕の場合は実験性と言いますが、そのバランスはいつも考えていて、「面白かった」と笑ってぽんと忘れちゃうのが娯楽だとしたら、非常にこだわりの強い実験的なものをうまく合体させられないかなと『電柱小僧の冒険』のころからずっと考えています。その理想的な融合をいつも探しています。

Q:若いころに観た実験映画で強烈に印象に残っているものはありますか?

塚本:実をいうと本当の実験映画というのはちょっと苦手意識があって…。娯楽映画もいわゆるハリウッド映画も大好きなので、実験的なこととうまく合わさらないかなというポイントでいうと、デヴィッド・リンチ監督とか、デヴィッド・クローネンバーグ監督は娯楽性と実験性がうまく合わさって面白いアートに昇華させた方々かなと思い、映画をつくり始めた頃によく観てました。

Q:『野火』を観て人間の視線や視点がすごく怖いと感じました。見られる恐怖、恐ろしいものを見てしまう恐怖。製作するにあたって人間の目や目線にこだわりがあったら教えてください。

塚本:カメラ目線ということでいうと、この映画はお客さんが田村一等兵と同じ立場になって森の中を彷徨ってるように見せたいと思いました。映画ですと例えば主人公が何かを起こしていて、「一方」のアメリカ兵を映したりします。アメリカ兵が戦闘の準備をしている、一方こっちはそのことに気づかず行動している、とハラハラさせる。『野火』ではそういう描き方はせずに、あくまでも森を彷徨ってる田村一等兵の目に見える範囲しか映さないようにしています。もっと言うと自分たちの上官の姿すら見えない。兵隊さんに行くと実際そんなようなものじゃないかなと思うのですが、そういう目線にすることでお客さんがそこにいるようなリアリティを感じてもらえるようにしようとしました。まわりを全然描かないので、恐ろしい銃撃などが突発的に起こります。おそらく本当の兵隊さんも歩いてると突発的に弾が飛んできて、突発的にもう弾が当たっているということだと思います。その突発性の暴力の衝撃は物語を構造的にしっかり見せるより印象が強いのかなと、そのようなカメラ目線にしました。

土田:田村一等兵は受け身というか「見る」「見てしまう」のような存在なのでしょうか?原作では自問自答のような感じですごく内省していきますが。

塚本:ある時期大岡昇平さんの小説への経緯というかたちでモノローグを入れようかと思ったんですけど、それこそ実験で吉と出るか凶と出るかわからないですけど、全部外して映像で表現できないかとシフトしきってしまいました。最初簡単な設定くらいは冒頭に入れてたんです。それも最後にやめちゃって。何の説明もなくいきなり森に投げ出されて、いきなりつきあわされるという…。

荒木:そういう意味での実験ですよね。つまり映画はこうあるべきというセオリーを外したところで何をやるかという実験。ひとりでつくるというところから発生しているだけに他の映画ではやってないことはたくさんあると思います。実は勇気をもらった映画があるのかもしれない。塚本さんは黒澤明さんも大好きなんですよね?

塚本:黒澤監督こそ、ハリウッドも影響されるようないわゆる娯楽の王道なんですけど、実験精神が毎回毎回あふれている。ある意味娯楽と実験のせめぎあいみたいなものを黒澤監督の作品にいつも感じるからかもしれませんね。よくよく見るとすごく実験にあふれてる映画なんですよね。時代劇で人を斬ったときに音が出たり血が飛んだり今では当たり前になってることもあるけど、悲しいシーンに明るい音楽の対比で強調させるような今やっても新しく感じるものもたくさんありますよね。

荒木:カメラ目線で主人公が語るというのも黒澤さんが始めたような感じですよね。普通の商業映画がやらないことをいっぱいやっている衝撃はありますよね。やっぱり人がやってないことをやるっていうのがすごく大事ですよね。

Q:色彩についての質問です。『野火』を観たときに色の彩度が高くコントラストがきつく油絵を塗ったような印象がありました。きつすぎる緑と異常なくらいの空の青と血の赤色…。色に対してはどういう意識や考えを持っていますか?

塚本:美術を勉強したので色はかなり大事です。各作品ごとに明瞭なコンセプトがあります。『鉄男』で言うと鉄なので白と黒と銀。はっきりさせるとすごく強くなる気がします。『野火』に関しては原作を最初に読んだときにものすごく自然の美しい世界と泥んこの茶色く汚くなっちゃったちっぽけな人間の対比を感じ、緑をくっきり強くしてそのことを描きたいと思いました。強くしすぎたかなと思うときもあるのですが、はじめてフィリピンに取材に行ったとき、本当に天気がよく緑が美しく、本当にここで戦争が起こったのかぴんとこなくて。戦争というと白黒な暗雲立ち込めてる中で起こってるイメージだったのが、ここで起こってたということがなんか拍子抜けするような。でもきっとこの拍子抜けするようなイメージの自然の中で弾が飛んできたのだろうと、あえて自然はくっきりと映しました。

Q:20年の構想との理想と現実。低予算で結果的によかったことは何でしょうか?

塚本:いくら低予算でつくったからといって、お金があればこうだったのにというのはお客さんに失礼なので、どうしてもやりたかったことは全部入っています。逆に余分なものがなくて無駄がない。映画はお金を出した人のものなので、誰かがお金を出してくれるということは意見を聞かなければならない。でも自分がお金を出してるので最終決定権は自分。それで凶と出るか吉と出るかはわからないけど、余計な描写を全部なしにできました。お金さえあれば…と思うことはよく考えるときっとできないんですよね。「今」という状況でどうしてもつくりたかったからできたのだと思います。

 Q:時間が経ち体験者の方の話など一時情報がなくなっていき、戦争映画を撮る責任や動機からだんだん離れていく状況になると、経験していない人が戦争を撮ることは結構危ないことではないかと考えています。戦争を経験していない人間が戦争映画を撮る意味を伺いたいです。

塚本:超大事な質問です。大事な問題に今後なっていくと一番感じていたのは僕自身で、体験していないのに描くの厳しいなと思う気持ちが『野火』をつくってるときもありました。自分が戦争映画を描くときにヒロイズムでは絶対描かないです。それは言語道断。悲劇的に描くのはかつて素晴らしい映画がすでにある。加害者の目線で描くべきではないかと思いましたが、加害性の凄さを資料を調べたくらいでやるのはちょっと抵抗がありました。『野火』には加害性も被害性も含めたものがあり、それどころか唖然とするほどの恐怖が入っていて、やりたいという衝動がありました。僕がかろうじて経験がないのにやれたのはやっぱり戦争でフィリピンに行かれた方の話をかなり細かく聞けたので、それを後ろ盾にやるべきだと思ってかたちにしました。ただこれからどうやって描くべきか?という指針がまだ自分の中にない。怖い気持ちもありますが、ただそれは今後やらなければいけない大事なことのひとつ。だからみなさんの中でテーマを感じたら体験者の方がいなくなる中で表現しなければならない。大きな課題なんですけどどうしたらいいんでしょうね?

荒木:経験してないとやっちゃいけないんですかね?

塚本:それは多分やってもいいんですね。緻密にいろいろ調べたことによってあぶりでてきたことを組み合わせていくとほぼ事実といえると思うので、そこに自分のテーマが乗っかれば表現していいし、表現するべきと感じます。

荒木:戦争というのは世界中で常に起きていて、何らかのかたちであらゆる国が関わっている。それって全く他人事じゃないということはずーっと人類が生まれてから続いてるんじゃないかと思うんですよね。私たちの生活に絶対関係がある。戦争状態というのは究極の暴力だと思う。暴力を描くこと、創作物にすることと何ら変わらない。創作物って想像でつくるってことだとやっぱり思うんですよね。

塚本:逆に戦争はまだ体験者の方がいらっしゃるから疑問がわきますが、そういう意味では幕末ものとか映画をつくってるわけですからね。ただ幕末ものというともうSFの領域に入ってきちゃって自由なアレンジ感が強くなってくる。質問者さんが聞かれたようにシリアスで切実な大事なものを描くにはよほど慎重にならないといけないと思いますが、調べに調べることによって自分の中にひとつのリアルができてくるというのはやっぱりある気がします。自分も戦争体験者の方のお話のほかにも資料をいっぱい見て、いろいろな角度、立場の人の意見を見る中で、くっきり浮かび上がってくるものがありました。そこにテーマをのせるとそれはもう大事な表現というか訴えなきゃいけないもの。それがある限り表現してもいいし、しなくちゃいけないと思います。

土田:『野火』も体験そのものを記したものではありません。まさに大岡昇平は「私は事実だけを書く」と調べていくことによって「フィクション」でありながらも「リアル」を構築する手法を考えつくした人だと思うんですね。彼はもちろん戦争体験者ですけど、実際に体験したかしてないかを越えて、表現において自分が書くためにはどういう作業が必要なのか、何を裏切ってはいけないのかということを、考える地点で、大岡と塚本さんとが重なり合うのだと思います。

塚本:日本の戦争は終わってますけど、イラクとか戦争体験のある方にお話はまだ聞けますし、いろいろ方法はある気がしますね。

荒木:いろいろな体験をした人の話を聞くのおもしろいですよね。

塚本:たしかに実際に現場に言った方の「なぜか指が1本多く見えるんだよ」とかその人独特の体験を聞きたいんです。英雄譚や難しい話より。そういう実感が映画には要るのかなという気がします。

7年目の『野火』戦後76年アンコール上映

戦後70年に当たる2015年に初公開し、これまで71年、72年、73年、74年、75年と毎夏かかさず上映を重ねてきた塚本晋也監督の『野火』。今年も終戦記念日を中心に、渋谷・ユーロスペースほか全国にてアンコール上映を行う運びとなりました。現在私たちのほとんどは「戦争」を体験していない世代です。本当の意味で戦争を知らない世代にこそ、スクリーンを通して戦争を体感していただき、戦争の恐ろしさを記憶にとどめ続けていくことが必要と考えております。7年目の上映となる今年も東京都内での塚本晋也監督の登壇のほか、劇場とオンラインでつながるリモートトークも実施予定です。またアンコール上映に先駆けて、PFF×早稲田大学講義「マスターズ・オブ・シネマ」にて学生のみなさんとも対話の機会を設けます。


戦後70年にあたる2015年に初公開した塚本晋也監督の『野火』。構想から20年の歳月をかけ完成させ、2014年にヴェネチア映画祭メインコンペティション部門出品、翌年に全国83館で劇場公開。その後も、製作当初から「『野火』を毎年終戦記念日に上映されるような映画にしたい」という塚本監督の思いに共感した劇場にて、毎年アンコール上映を重ねてきた。

初年度からの劇場・自主上映含む総観客数はおよそ9万5000人にのぼる。公開から7年目となる戦後76年の今年も渋谷・ユーロスペースを中心に全国32館の劇場で上映が決定。(7月3日現在)初上映または初年度ぶりの上映となる劇場もある。

各劇場の上映予定、塚本晋也監督のトークイベント、リモートトーク等実施の詳細は劇場HP、『野火』オフィシャルサイト・SNSにて随時発表する。


【塚本監督からのコメント】

『野火』。今年で7年目の上映になります。
毎年多くの劇場さんが上映してくださること、
多くのお客様が劇場に足を運んでくださること、
あらためて喜びと感謝の念が溢れてきます。
今の世の中に『野火』が必要と思ってくださっている証と思います。

ウイルスの蔓延で世界のありようは大きく変わりましたが、
世の中はよりエキセントリックにギスギスしてきていると感じます。
長い間戦争をしない国でいられた日本は、すでに大きく様変わりして止めることが
困難になってきた状況ですが、皆がほんとうに望む方向に正確に進んでくれることを願うばかりです。
『野火』はその一助になると信じています。

『野火』を、せひ今年も、劇場で、体感くださいませ。

塚本晋也


今夏のアンコール上映に先駆けて、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)と早稲田大学の講義「マスターズ・オブ・シネマ」とのコラボレーション企画に塚本監督が登壇。『野火』のメイキングである「塚本晋也解説『野火』20年の軌跡」の上映後、学生のみなさんと戦争についての対話の時間も設ける予定。

7月には30周年を迎える自身初のメジャー映画『ヒルコ/妖怪ハンター』レストア&リマスター版が公開され、俳優としてNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」への出演も記憶に新しく、ますます精力的に活躍する塚本晋也のライフワークとなりつつある『野火』の上映。引き続き観客のみなさまに、劇場の大きなスクリーン、大きな音響で、『野火』の世界、戦争の恐怖を体感し、平和について考える機会にしていただきたい。

そして『野火』での全国劇場行脚をきっかけとして、今年、塚本監督によるミニシアターの魅力を伝える企画も始動予定。詳細は後日発表される。

随時更新!上映劇場はこちらのページでご確認ください。

 

『野火』戦後75年アンコール上映

戦後70年に当たる2015年に初公開した塚本晋也監督の『野火』。これまで71年、72年、73年、74年と毎夏上映を重ねてきました。そして戦後75年を迎えた今年も終戦記念日を中心に、渋谷・ユーロスペースほかにて全国上映を行わせていただく運びとなりました。初公開時、塚本監督が「今、実際に戦争の痛みを知る人がいよいよ少なくなるにつれ、また戦争をしようとする動きが起こっているような気がしてなりません。」と述べていますが、さらに時が進んだ今、引き続きスクリーンを通して戦争を体感していただき、戦争の恐ろしさを記憶にとどめていただきたいと考えております。戦後75年の今年は東京都内での塚本晋也監督の登壇のほか、劇場とオンラインでつながるリモートトークも実施予定です。


戦後70年にあたる2015年に初公開した塚本晋也監督の『野火』。構想から20年の歳月をかけ完成させ、2014年にヴェネチア映画祭メインコンペティション部門出品、翌年に全国83館で劇場公開され、その後も、製作当初から「『野火』を毎年終戦記念日に上映されるような映画にしたい」という塚本監督の思いに共感した劇場にて、毎年アンコール上映を重ねてきた。

初年度からの劇場・自主上映含む総観客数はおよそ9万2000人にのぼる。公開から6年目となる戦後75年の今年も渋谷・ユーロスペースを中心に全国32館の劇場で上映が決定。(7月10日現在)初年度ぶりの上映となる劇場もある。

今夏のアンコール上映に際しては、メイン館である渋谷・ユーロスペースと新文芸座の東京都内の2館で、塚本晋也監督のトークイベントを実施のほか、東京都外の劇場とはオンラインでつないでリモートトークも実施予定(一部劇場を除く)。各劇場のリモートトーク実施の有無、日時等詳細は劇場HP、『野火』オフィシャルサイト・SNSにて随時発表する。


【塚本監督からのコメント】

戦後70年に公開した「野火」。今年で6年目の上映になりますが、
毎年終戦記念日を中心に多くの劇場で上映してくださっています。
今年は戦後75年。他界された大林宣彦監督が言い残されたように、
戦後70年のときに感じた世の中への不安はますます大きくなっていくばかりです。大林監督によると、今はすでに戦前かもしれないのです。

ぜひ「野火」を劇場の臨場感で体験していただき、
ひとりひとりが戦争という極限の虚無に近づかないよう、これからのことを考えていただけたら、と思います。

塚本晋也


本作が公開された2015年について塚本晋也監督は「戦後70年は、実際の戦争に行かれた方々がほとんどいらっしゃらなくなった年。戦争の痛みを知る方々が少なくなるにつれ、戦争に近づいてしまうという恐れを実感する。」と述べた。そこから時代はさらに進み、今年4月10日には、戦争の恐ろしさを伝え続けた名匠・大林宣彦監督が、最新作『海辺の映画館 キネマの玉手箱』の公開を控えながら逝去。大林監督は死の直前、次の世代を担う4人の監督に遺言とも言える言葉を残していたという。その一人が塚本晋也だった。(※7/5放送NHK BS1スペシャル「映画で未来を変えようよ~大林宣彦から4人の監督へメッセージ」より/再放送予定:①7/11(土)前10:00〜10:49 ②7/14(火)前0:50〜1:39)大林監督から託された未来を守ること。映画を通し、戦場の恐怖、戦争の痛みを共有することがそれにつながることを願う。まずは観客のみなさまに、劇場の大きなスクリーン、大きな音響で、塚本監督の『野火』の世界を体感してほしい。そしてこの機会に平和について一緒に考えていきたい。

随時更新!上映劇場はこちらのページでご確認ください。

 

〈『野火』戦後75年 アンコール上映 関連情報〉

神奈川近代文学館 特別展「大岡昇平の世界展」記念上映(第43回文芸映画を観る会)
■日時:2020年11月6日(金)、7日(土)各日13:30上映開始(13:00開場)
■会場:神奈川近代文学館 展示館2階ホール (横浜市中区山手町110)
■上映作品:『野火』+ 塚本晋也解説『野火』20年の軌跡(『野火』メイキング)
■料金:各回前売・神奈川近代文学館友の会会員600円、当日800円(※当日券の有無は要問い合わせ)
*未就学児の入場不可。
*当日12:30よりホール前で配布する整理券番号順にご入場。
主催:県立神奈川近代文学館、(公財)神奈川文学振興会、文芸映画を観る会
お問い合わせ先:公益財団法人神奈川文学振興会 総務課 TEL : 045-622-6666
※本上映会は新型コロナウイルス感染拡大予防のための特別展の延期に伴い、2020年4月10日(金)、11日(土)の予定を延期して開催するものです。
イベントについての詳細情報

*『野火』メイキング「塚本晋也解説『野火』20年の軌跡」
塚本監督が10代に小説と出会ってから映画化への道を克明にとらえたドキュメンタリー。戦争体験者への取材、撮影、完成を経てヴェネチア映画祭のプレミア上映、劇場公開時の映像を通して「野火」の全体像に迫る。
監修/構成:塚本晋也 演出/編集:長岡広太 2015年/60分

*特別展「大岡昇平の世界展」
■会期:2020年10月3日(土)~11月29日(日) 休館日:月曜日(11月23日は開館)
※新型コロナウイルス感染拡大予防のため2020年3月20日(金・祝)~5月17日(日)を延期
■会場:神奈川近代文学館第2・3展示室
■観覧料:一般700円(500円)、65歳以上/20歳未満及び学生350円(250円)、高校生100円(100円)、中学生以下は無料 *( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料
■主催:県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
■編集委員:湯川豊
■後援:NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
■協賛:新潮社、中央公論新社、京浜急行電鉄、相模鉄道、東急電鉄、横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
■広報協力:KAAT 神奈川芸術劇場
神奈川近代文学館HP
「大岡昇平の世界展」詳細情報

布施ラインシネマのラストショー

『野火』『斬、』を上映いただき塚本監督も劇場行脚で訪れました東大阪の布施ラインシネマさんが2020年2月29日(土)をもちまして惜しまれつつも87年の歴史に幕を閉じることとなりました。このたびラストショー87本の上映作品のうちの1本として『野火』を選んでいただきました。みなさまぜひお運びくださいませ。

◆『野火』上映スケジュール
①2/15(土)20:20~
②2/17(月)13:00~
③2/19(水)10:00~

★布施ラインシネマラストショー 2010年代邦画特集
①横道世之介(2012年/160分)
②野火(2014年/87分)
③岸辺の旅(2015年/128分)
④永い言い訳(2016年/124分)
⑤岬の兄妹[R15+](2018年/89分)
⑥愛がなんだ(2019年/123分)
料金:各1,000円均一

【布施ラインシネマのラストショー】全作品リスト
http://www.fuselinecinema.com/images/top/lastshow1.pdf

【布施ラインシネマのラストショー】全上映スケジュール
http://www.fuselinecinema.com/images/top/lastshow2.pdf

布施ラインシネマHP
http://www.fuselinecinema.com/