映画「野火 Fires on the Plain」公式サイト

  • 塚本晋也ツイッター
  • 野火担当Nツイッター

キャスト情報

塚本晋也(監督/田村一等兵)
塚本晋也(監督/田村一等兵)
プロフィール

1960年1月1日生まれ。東京出身。14歳で初めて8mmカメラを手にし、88年に映画『電柱小僧の冒険』(1987年)でPFFアワードでグランプリを受賞。劇場映画デビュー作となった『鉄男 TETSUO』(1989年)が、ローマ国際ファンタスティック映画祭でグランプリを獲得し、以降、国際映画祭の常連となる。中でも世界三大映画祭のイタリア・ベネチア国際映画祭との縁が深く、『六月の蛇』(2002年)はコントロコレンテ部門(のちのオリゾンティ部門)で審査員特別大賞、『KOTOKO』(2011年)はオリゾンティ部門で最高賞のオリゾンティ賞を受賞。さらに1997年はメインコンペティション部門、2005年はオリゾンティ部門と2度に渡って審査員を務め、2013年の第70回大会時には記念特別プログラム「Venezia70ーFuture Reloaded」の為に短編『捨てられた怪獣』を制作している。この長年に渡って自主制作でオリジナリティ溢れる作品を発表し続ける功績を認められ、2009年のスペインのシッチェス・カタロニア国際映画祭から名誉賞、2014年にはモントリオール・ヌーヴォー映画祭から功労賞が授与された。俳優としても活動しており、2002年には『クロエ』(利重剛監督)、『殺し屋1』(三池崇史監督)、『溺れる人』(一尾直樹監督)、『とらばいゆ』(大谷健太郎監督)の演技で毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。さらに人気ゲーム「メタルギア・ソリッド4」ではヴァンプ役で声優も務めている。公開待機作に、遠藤周作原作×マーティン・スコセッシ監督『SILENCE(原題)』(2016年全米公開予定)がある。

塚本晋也公式HP
http://www.tsukamotoshinya.net/

リリー・フランキー(安田)
リリー・フランキー(安田)
プロフィール

1963年11月4日生まれ。福岡出身。武蔵野美術大学卒業。イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲、俳優などで活動中。

オリジナル絵本「おでんくん」はアニメ化もされ、2005年に発表した初の長編小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(扶桑社)は、2006年本屋大賞を受賞し220万部を超えるベストセラーになった。

俳優としての評価も高く、映画『ぐるりのこと。』(2008年/橋口亮輔監督)ではブルーリボン賞新人賞。また、『そして父になる』(2013年/是枝裕和監督)と『凶悪』(2013年/白石和彌監督)では、第37回日本アカデミー賞、第87回キネマ旬報ベスト・テン、日刊スポーツ映画大賞、日本映画批評家大賞など数多くの映画祭で助演男優賞を受賞した。

塚本監督とは、映画初出演となった『盲獣vs一寸法師』(2001年/石井輝男監督)で共演している。

リリー・フランキー公式HP
http://www.lilyfranky.com

中村達也(伍長)
中村達也(伍長)
プロフィール

1965年1月4日生まれ。富山出身。カリスマ的ロックバンド「BLANKEY JET CITY」のドラマーとして注目を浴びる。現在は斉藤和義(vo, g)との無頼派ユニット「MANNISH BOYS」や、チバユウスケ(g)、イマイアキノブ(g)と結成した「The Golden Wet Fingers」、KenKen(b)とのバトル・ユニット「SPEEDER-X」、仲井戸麗市(g)、蔦谷好位置(key)らとの「the day」、自身のプロジェクト「LOSALIOS」などで精力的に音楽活動を行っている。

俳優業は、塚本監督『BULLET BALLET/バレット・バレエ 』(1998)でデビューして以来、野性味溢れた存在は引く手あまたで、主演映画『蘇りの血』(2009年/豊田利晃監督)、NHK大河ドラマ「龍馬伝」(2010年/演出家・大友啓史ほか)などがある。

また、画家・黒田征太郎とのライブ・ペインティングや、舞踊家・田中泯との創作ライブを行うなど、活動の幅を広げている。

中村達也公式HP
http://www.nakamuratatsuya.jp

森優作(永松)
森優作(永松)
プロフィール

1989年12月4日 生まれ。大阪出身。地元の高校在学中に、通訳を目指して17歳から3年間の英国留学を体験するも、成績不振から断念。帰国後、友人の紹介で舞台の端役や俳優のワークショップに参加して演技に興味を抱き、監督『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』(2013年/古厩智之監督)で映画デビューを果たした。

今回は知人から、塚本監督が出演者をTwitterで募集していることを知って応募。多数の候補者の中からオーディションの結果、「ラストシーンでの芝居と、素とのギャップが良かった」(塚本監督)と、永松役に大抜擢された。

静岡で絶大な人気を誇る娯楽遊戯施設「コンコルド」(演出・山内健司)のCMシリーズのうち、「コンコルゲン夫婦④愛の不毛篇」と「同⑥すばらしい両親篇」に出演。得意な語学を生かし、世界を舞台に活躍する俳優を目指している。

PAGE TOP